妊活前の時間ロスの話

子育て・生活

結婚式が終わったら、すぐに妊活しようと思っていたのに・・・

私は結婚したらすぐに子供が欲しかったので、結婚式が終わったら本格的に始めようと思っていました。しかし、実際に始められたのは約5か月後になってしまいました・・(妊活期間の5ヶ月って結構大きい・・・)

なぜそこまでかかってしまったのか、私の体験談をお伝えします。

麻疹、風疹・水ぼうそう・おたふく風邪の抗体検査を受ける

母から結婚したら、おたふく風邪や風疹、麻疹の抗体検査をするように言われていました。

なぜかというと私がこれらの病気に小さいころ感染したのか覚えてないらしく抗体があるがわからないからだとか。(母子手帳への記録も忘れていたらしい)

早めに検査しないと・・と思っていましたが結婚式の準備でバタバタしており、式のことで頭がいっぱい。病院へ行くのが面倒で後回しにしていました。

そしてやっと結婚式も終わり、落ち着いたタイミングで病院へ。結局行けたのが結婚式が終わってから2週間後くらいになってしまいました。

病院予約!!いざ検査へ!

抗体検査ってどこでもやっているのかと思ったら、やっていない・・!

取扱いのない医療機関も結構多くて、近所でやっている病院を探すのに苦労しました( ;∀;)やっと病院を見つけることができ、検査予約をすることができました。

病院では抗体検査の為採血を実施。結果がわかるまでは数日かかるのでこの日はこれで終了。次回、抗体が無かった種類だけ接種するとのことでした。

結果は「水ぼうそう・麻疹」の抗体が少なく、追加接種になりました。正直、抗体って小さい頃に十分出来てるものだと思っていたので、検査受けて良かったです。

やっとワクチン接種!

2種類のワクチンを接種する為、違う日にそれぞれ接種するのかと思いきや、同じ日に2種類のワクチンを接種できました。麻疹は1回で済んだのですが水ぼうそうは2回接種だった為1か月後に再度、追加接種をしました。

ワクチン接種後、2ケ月は妊活できない!!

これでやっと本格的に妊活が始められると思っていましたが、先生からワクチン接種後2ヶ月は妊活しないでくださいとの説明がありました。

つまり、水ぼうそうは2回接種なので4月末に接種した私は7月末までは妊活できず。ついでにコロナのワクチンも接種してなかったので接種。本格的に妊活がスタートしたのは気が付けは9月になってました(笑)

まとめ

妊活の為に抗体検査を受ける場合は早めに検査を受ける!!

抗体が少なくて接種が必要になった場合、2ヶ月は妊活できません。結婚式後に本格的に始める方も多いと思うので、結婚式の準備と並行して抗体検査をうけておくとスムーズに妊活が始められる思います。

抗体検査なんて必要ないという意見もあると思いますが私はお腹の赤ちゃんを守るためにも絶対やっておいたほうが良いと思います。万が一感染してしまったら赤ちゃんに障害が出てしまうからです。

うちは夫にも麻疹の抗体検査をしてもらっています。最近、麻疹が流行っているとニュースでやっていて改めて抗体検査をちゃんと受けておいて良かったと思います。ワクチン1つで赤ちゃんへの感染を防ぐことができます。面倒かもしれませんが本格的に妊活を始める前にお腹の赤ちゃんの為にも絶対やって欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました