医療費控除でふるさと納税の申告が漏れてしまった話

子育て・生活

住民税を安くしたくて、毎年ふるさと納税をするようになりました。6月になると本年度払う住民税の通知が来るのでいくら安くなったかなと楽しみにしていたら、去年より高くなっていた!!昨年9月に産休に入ったから年収は去年より低いし、ふるさと納税もしたから安いはずなのになぜ…⁈ふるさと納税した年に出産したママで出産費用を医療費控除する際は特に気をつけて欲しいと思う話です!

確定申告をするとワンストップ特例制度で申請した内容が無効になる⁈

どういう状況だったの?

ふるさと納税後、ワンストップ特例制度で申告をしていました。そしてその年に長男を出産し、出産費用を医療費控除しました。

自治体からも申請を受理しましたと通知も来ていたのでまさか漏れているなんて思いませんでした。

医療費控除ってどういう時に使える?

医療費控除というのは医療費が年間で10万円を超えた時に使う事ができます。医療費が10万円を超えるというのは中々ありませんが出産費用も医療費控除できると知り丁度出産した私は初めて医療費控除をしました。

住民税の金額が高い!!

6月に住民税の通知が来た際、確認すると住民税の金額が高く、控除が入っていない事に気付きました。おかしいと思って市役所へ電話して確認するとふるさと納税の申告が漏れていることが判明。

しかし、わたしはワンストップ特例制度で確実に申請していました。

理由を聞いてみるとあとから確定申告をするとワンストップ特例制度でやった内容が無効になるとの事。私はその年に出産し、出産費用を医療費控除をしていたのでワンストップ特例制度で申告した内容が無効になったようです。

そんなことあるなんて…∑(゚Д゚)ワンストップ特例制度を使う前に教えて欲しかった…( ;∀;)

ちなみに税務署からふるさと納税の申告漏れがあったと通知がありましたが7月上旬でした(笑)遅いわ!!って突っ込んでしまいました…

申告漏れを発見!どうしたら良いの?

税務署へ連絡し、確認したところネット上からも修正申告をできると言われ、やってみましたがどこにどの金額を入力するのかさっぱりわからない…(笑)結局、再度税務署へ連絡し税務署へ行って申告する事になりました。

税務署でやった事

相談という事で予約をとり、税務署にいきました。必要な物がマイナンバーカード、源泉徴収票、ふるさと納税した際に貰える領収書、口座がわかる物です。

税務署に着くと担当の方がいて、すぐ対応してくれました。書類の確認をしたら税務署のパソコンですぐ入力しました。とても簡単で10分くらいで終わりました(笑)隣に税務署の方がいるので不明点もすぐ聞けてやりやすかったです。もっと正直大変かと思ったので簡単で本当に良かったです。

まとめ

確定申告をする場合でふるさと納税をした際はワンストップ特例制度を使わない!

自営業以外で自分で確定申告する機会はほとんどないと思いますが、医療費控除は出産費用も申告できる為出産したママは多く申告していると思います。その際、ふるさと納税もした場合は面倒ですが一緒に確定申告するようにしましょう。

1

コメント

タイトルとURLをコピーしました